バーモント州でドライブスルーCBD登場

元銀行が、バーモント州ブラトルボロでドライブスルーCBD(カンナビジオール)薬局を開業した、とBrattleboro Reformer紙が報じた。

セレス・ナチュラル・レメディーズ(Ceres Natural Remedies)が11月初めに事業を開始し、CBDのみの製品に簡単に購入できる方法を提供している。

「我々は、対応が難しい健康問題をもつ購入者の多くにも同じ質のサービスを維持していかなければならないが、常に購入経験をより簡易化する方法を模索している。これが、バーモント州だけでなく、将来的にはニューイングランド中の大麻入手方法の新しいスタンダードを作るものになると考えている。」と、 Brattleboro Reformer紙に対して、セレス・ナチュラル・レメディーズ(Ceres Natural Remedies)と南バーモントウェルネス(South Vermont Wellness)のCEOであるシェーン・リン氏が語った。

現在18歳以上であれば誰でもCBD製品を購入することができるが、南バーモントウェルネス(South Vermont Wellness)は、将来的に登録された医療大麻患者に対して同様のトライブスルー方式でTHC (テトラヘドロカンナビノール)製品を提供できるようになることを期待している。登録された患者は、THC製品をオンラインで注文することができ、まもなく配置されるシステムでドライブスルーで引き取りすることができるようになる。

現在販売されている製品は全て、メタウィー・ヴァリー・ヘンプ・カンパニー(Mettawee Valley Hemp Company)によって現地で栽培されているヘンプを使用したヘンプ製だ。製品は、食品からカプセル・オイル・電子タバコ・ペット製品などがある。

大麻は、バーモント州では医療用や成人使用で合法だが、娯楽用大麻製品に関しては課税され規制された商業市場の予定は現段階はない。

あわせて読みたい