金融グループのカナコード・ジェニュイティ、米大麻入り飲料市場が4年以内に6億ドル規模になると予想

カナダの金融グループであるカナコード・ジェニュイティのアナリストによると、大麻入り飲料の米国市場は2022年までに6億ドル(約680億円)の規模に成長することが予想されている。

健康目的で使用される「CBD(カンナビジオール)」、または精神作用のある「THC(テトラヒドロカンナビノール)」の成分を含む飲料が米食用大麻製品市場に占める割合は2022年までに20%前後と、現在の6%から拡大する可能性があることがカナコード・ジェニュイティのボビー・バールソン氏により指摘された。大手ビール・清涼飲料水メーカーも市場参入を熱望しており、コロナビールなどを販売する米コンステレーション・ブランズ(Constellation Brands, Inc.)が大麻を栽培加工するカナダのキャノピー・グロース(Canopy Growth)の筆頭株主となったほか、米コカ・コーラも構想を練っていることを先日明らかにした。

CBD入り飲料の需要が22年までに2億6000万ドル(約295億円)に達する一方、THC入り飲料の需要は3億4000万ドル(約385億円)に増えるとカナコードは予想している。

あわせて読みたい