韓国議会で東アジア初の医療大麻法通過

韓国は、東アジアで最初の医療大麻を合法化する国家になることを目指しており、これは世界的規模の産業における重要な布石となり、伝統的に保守的な社会でドラッグに対する認識を転換させる可能性がある。

同国の国民議会は、11月23日に麻薬管理法改正を認可し、医療大麻を認可した。

次に、食品医薬品安全省(MFDS)が認可の詳細と患者が資格を取得するための手続きについての特定の規則を設定する必要がある。

医療大麻製品は、厳しく制限されるが、議会での法改正認可は、アジア初ではなく、むしろ最後になるだろうと予想されていた国での全ての大麻を認可する流れのきっかけになるとみられている。

法案が法律になる前に、韓国内閣での審議と大統領の署名が必要となる。

MFDS広報担当によると、数日中に法案の詳細について発表される。

特定の医療大麻製品の輸入は、最終決定はされていないが2019年前半に開始される予定、と広報担当は言う。

担当省は、東ヨーロッパやアメリカを含む特定の国の衛生局で認可されているTHC(テトラヒドロカンナビノール)・CBD(カンナビジオール)主成分の薬品に絞ることから始める予定だ。

国民議会で通過した改正法は、難病患者の治療機会を拡大するものだと言及した。

輸入は、国内で入手が難しい薬品の患者が利用することを支援するために設立された政府機関である韓国オーファン・ドラッグ・センター(Korea Orphan Drug Center)が主導すると思われる。これにより、韓国では入手できない薬品を癲癇などの症状治療に使用できるようになる、と声明で述べられている。

韓国の大麻法は、7月にMFDSの支援を得ることで、主要な障害を乗り越えた。その際に、癲癇やHIV・エイズの症状やガン関連の治療などに、エピディオレックス(Epidiolex)・マリノール(Marinol)、セサメット(Cesamet)やサチベックス(Sativex)が使用許可されることになるだろうと言われていた。

医療大麻合法組織のスンセク・カン牧師が、韓国の医療マリファナ認可の動きは「大きな一歩」だが、規制に関しては詳細について解決しなければならず、改正法案に掲載されている内容についてほとんど公開されていない、と言う。

同組織は、韓国カンナビノイド協会(Korea Cannabinoid Association)を立ち上げ、規制を進めるように薬物省に訴えている。

タイヤマレーシアなどのいくつかの国が、アジア初の医療大麻認可国のイスラエルと競争を進めている。

「医療大麻を合法化する韓国は、制限された製品のみに厳しく管理するとはいえ、世界の大麻産業に大きな突破口になるだろう」と、大麻業界の新規市場を調査するベンチャーキャピタル企業のトロント拠点のエラ・キャピタル(Ela Capital)CEOヴィジャイ・サッパーニ氏は言う。

韓国は東アジア初の国家レベルでの医療大麻認可国になる重大さを、過小評価すべきではない。

「今は、どのタイミングで他のアジア諸国が韓国に続くかが問題で、続くかどうかの問題ではない」

あわせて読みたい