ジョージア、医療用大麻の生産合法化の検討を延期

ジョージアのマムカ・バフタゼ首相は先週、同国政府が医療用大麻の輸出目的の生産を検討していることを明らかにしていた。

この件に関してジョージア議会のイラクリ・コビハゼ最高議長は「国民に対して検討の情報を多く提供する必要があり、それには時間を要する」として、検討を延期する判断を示した。

また、同国憲法裁判所は先に大麻使用に関する罰金を廃止する意向を示していた。

ジョージアでは一昨年に大麻の個人的な使用が合法化されており、大麻産業のさらなる拡大が期待されている。

あわせて読みたい