GreenCart Solutions、大麻企業向け保険付き現金輸送サービスを提供開始

グリーン・カート・ソリューションズ(GreenCart Solutions)は今月、新たな大麻事業における資本輸送を立ち上げた。同サービスでは、輸送プロセス全体における保険提供や損害賠償補填の同時提供による包括的なセキュリティを含んでいる。

安全性、特に輸送における安全性は、各州で卸売用大麻出荷・梱包済み製品・税金支払い用現金や従業員の給与すら日々輸送に頼る事業家にとって不可欠な要素になった。グリーン・カート・ソリューションズ(GreenCart Solutions)は、各輸送にあたり最大200万ドルの損害賠償をカバーする保険付きの大麻輸送サービスに新たに取り組む。

「現金に関する安全性と大麻企業の間にある大きな隙間があり、それが原因で市場にも大きな溝ができていると我々ははっきりとわかっていた。」と、グリーン・カート・ソリューションズ(GreenCart Solutions)CEOベン・アレン氏は言う。「ここに変化を生み出すチャンスを感じた。」と続けた。

グリーン・カート(GreenCart)のサービスでは、GPS追跡と設置されたカメラが常に作動し、各車両と特製の移動型貯蔵庫にもカメラが搭載され、安心感が保証される。各貯蔵庫は、最大限の貯蔵量を保てるようにデザインされており、グリーン・カート(GreenCart)が慎重に製作したバンのそれぞれに487.3平方フィートの貯蔵スペースが設置され、日々の輸送の効率化を強化する。

「グリーン・カート(GreenCart)にとって、顧客の信頼を築くことが第一の優先事項だ。我々は責任を持って、ひとつひとつの輸送に最大限の注意と努力をもって取り組んでいることを確信している。執行責任者のBJグリルは、完璧なルートを構築し、顧客の懸念を解消するためにすべきことを理解する上では、完全な魔法使いのような存在だ。」とアレン氏は語る。

連邦議員が連邦大麻法の改正、特に現行の銀行関連の問題に関して、僅かなペースで動く中、グリーン・カート・ソリューションズ(GreenCart Solutions)は、大麻事業で経営を進める上で多くのリスクと直面する事業家に安心を提供するというビジネスモデルを作り上げた。

あわせて読みたい