2チェインズ、マリファナブランド「GAS Cannabis Co」を立ち上げ

このビジネスをチェインズが放置するはずがない。

グリーン・ストリート・エージェンシー(The Green Street Agency)が、ヒップホップ界で2チェインズとして知られているトーヒード・エプスとパートナーを組み、自身のマリファナ事業GAS Cannabis Coを設立した。

同エージェンシーは、すでにスヌープ・ドッグ、サイプレス・ヒル、ワカ・フロッカ・フレイム、レイ・シュリマーといった様々なミュージシャンとパートナーを組み、完全合法大麻ブランドの立ち上げをしている。

ロサンゼルス拠点の同社は、バンヌイ郊外に店舗を出店しており、店頭とオンラインで3種類の大麻を販売している。

娯楽用マリファナは、2016年11月にカルフォルニアで合法化された。合法化されている9州の中でも最初の州で、医療大麻に関しては1996年から合法化されている。

チェインズによると、GASは「偉大な(Great) A** S**t」からきている。長年の夢のひとつとして、このニュースを個人のインタグラム(Instagram)アカウントで嬉々として公開している。販売中の大麻をひとつずつ説明し、ファンと大麻使用者に向けて製品を披露している。

あわせて読みたい