カナダの買収企業がアメリカの大麻企業5社を買収

company image

トロントを拠点とするカンナビス・ストラテジーズ・アクイジション社(CSAC/Cannabis Strategies Acquisition Corp.)が業務統合を目論み、アメリカの大麻企業5社の買収取引に署名した。

カナダでCSA/A:CNとして上場している特定目的買収企業・CSACは、5社に対して現金で合計9900万カナダドル(7600万ドル)支払い、株主に対して760万株と5700万カナダドルに値する手形を発行する予定だ。

合意によって、同社が買収するのは、
・ネバダ拠点のワシュー・ウェルネス(Washoe Wellness):リノでの大麻栽培・製造・販売とラスベガスでの販売を行う。
・ネバダ拠点のリブフリー・ウェルネス(LivFree Wellness):同州で3箇所の施薬所運営と4箇所の栽培施設を運営する。
・ネバダ拠点のキャノピーNV(The Canopy NV):リノの中心地とリノ郊外ノースバレーズに、2箇所の施薬所を運営する。
・マサチューセッツ拠点のシラ・ナチュラルズ(Sira Naturals):同州に3箇所の施薬所をもつ大麻栽培業社
・ネバダ拠点のカンナパンチ(CannaPunch):ネバダ州とコロラド州で事業展開する大麻製造業社

この5社の合計売上は、全て認可された医療大麻と成人使用大麻取扱いのもので、最新のニュースリリースによると、2019年は2億6100万カナダドルになると予想されている。

取引が完了すると、CSACは3箇所の栽培・製造施設、大麻製品製造専用センター、8箇所の施薬所を西海岸・東海岸に所有することになる。

この取引は、2019年第一四半期中に完了する予定だ。

あわせて読みたい