インディアナ州議員、医療マリファナを合法化する法案を準備

インディアナ州議員が同州での医療マリファナの合法化に向けた法整備を目指す意志を示した。

シーモア議員ジム・ルーカス氏は今期中の法整備に乗り出すと言う。

「インディアナ州はこの問題を取り上げなければならない。合法化を実現すると約束しよう。」とルーカスは語った。

同氏は、委員会でマリファナ合法化の利点・欠点についての研究について聴聞した上で発言した。

医療マリファナ合法化の支持を明言する議員は少なくとも数十はいるが、懸念事項があるという議員もいる。

「マリファナの使用目的や実際に測定しうる身体全体に及ぼす効果は、使用者にとって非常に重要なことだ。実際にその効果が、精神運動能力低下・注意持続期間への影響・効率損失・記憶力低下・認識機能障害などを引き起こすかどうかということだ。」とインディアナ商工会議所のマイク・リプリー氏は言う。

ルーカスは、法案化を12月までに進めると言う。立法議会は1月初旬に開始される。

あわせて読みたい