カナダ統計局、大麻合法化3ヶ月間の販売額が10億ドルを超えると予想

カナダの統計局は、10月17日の大麻解禁による今年の大麻販売額が10億ドル(約1100億円)にも上るという予測結果を発表している。

現在、カナダでは550万人の大麻使用者が存在しており、年間で57億ドル(約6400億円)ほどが大麻の購入に費やされているが、このうち80%以上は違法な購入によるものである。

大麻解禁により、大麻の違法購入による販売額は全体の24%まで減少すると見られており、違法取引の撲滅にも大きく貢献することが期待されている。

あわせて読みたい